読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割り勘男に言いたい

 

なこは思うのだ。

割り勘体制の男よ、初めてのデートで奢ってくれるな。

 

デートしだした時はいつも奢ってくれていた人が、だんだん出さなくなる事ほど残念なことはない。元々、割り勘が普通ならば初めから割り勘にしてほしい。がちな話、そこで次のデートがあるかどうかを決める女だっている。だんだんと出されなくなると、騙された感が漂うのだ。(イケメンだと残念感はさらにアップする。)

 

逆に。

初めから割り勘にしておけば、割り勘でもOKな女ならそのまま次のデートもできるし、何より、たまに奢ってくれようものなら、グンっと好感度が上がる。

 

 

 

割り勘がダメなことだとは思わない。お金の管理がきちんと出来ていて、貯蓄ができる人ならば。

 

最悪なのは、デートは割り勘でさらに貯金もできない男だ。ギャンブル依存症買い物依存症の男に多い。自分のことにはお金を遣うことを惜しまないくせに、彼女には出し惜しむタイプ。しかもこのタイプは、初めてのデートでは奢ることが多い。後々割り勘にするにも関わらず、自分がいいなと思った女にいい顔をする為に初めの頃は奢るのだ。なんてやつだ。(イケメンだと残念感はさらにアップする。)

 

 

それから、

1000円でいいよ。2000円でいいよ。って言って自分が多めに出して女の子から少しもらおうとするタイプの奴は、女の人によく思われたいという気持ちの強いケチ。下手すると割り勘男よりタチが悪い印象を受けるから気をつけて。(イケメンだと残念感はさらにアッ(略)

 

 

 

私が男なら、絶対に奢り続ける。いい顔をし続ける。それでかわいい女とヤレるのなら、それで好きな女と結婚できるのなら、安いものだ。

 

 

 

なこは思うのだ。

世の男性よ、とりあえず奢れ。

 

 

  

 

タイミングがいい男はダメ男

 

だめな男ほどタイミングをもっている

 

 

 

ダメ男って頭でわかっていても好きだから離れられない!ってこと、若い時に何回かあったな〜。

で、それでもちゃんとしたいから離れようと決意して、男の傷を癒せるのは男じゃワッショーイ!って、友達に男の人を紹介してもらったり合コン行こ〜って決めた途端、

 

 

 

 

 

ピコピコッ

愛しの彼から連絡。はたまた、立ち寄ったコンビニでばったり会ってしまったり。

 

そこで女はこう思う。

なんてタイミング!私たちはやっぱり一緒にいる運命なんだわ!

で、決意も虚しく、またダメ男の元へ戻る。

 

 

 

 

 

 

がしかし、25歳くらいで気づいた。

良い男はタイミングなど持ち合わせていない。いや、まじで。そりゃそうだ。良い男はタイミングなんぞに頼らなくても、いいものたくさん持っているもの。

 

 

逆に。

ダメ男は自覚なしでタイミングというタイミングをフルで使ってきます

ダメ男の彼らにも女を捕まえられるようにと天が与えてくださったのが、そう、タイミング

 

そのタイミングが使われるのは、付き合う前の盛り上がり加減が半端ない時と離れようとした時。運命が大好きな女にはもってこいのタイミングで、そのタイミングを使うの。あーおそろしや。

 

 

 

 

 

その法則←に気づいてから

今となっては、ダメ男のタイミング抜群の行動は、私自分への試練と思っている。私が目先の欲に目がくらまず、きちんと自分の道を判断できるかどうかの試練。ここが踏ん張り時だって自分に言い聞かせるの。

 

 

 

 

とにかく。

今いい感じの男の人がいる女子、本当は離れたいのに離れられない恋をしている女子に声を大にして言いたい。

 

 

気づいたらアラサーなっとるで。

 

 

アラサー女の婚活日記。

はじめまして。30歳目前の なこ です。

最近、いい感じだった1つ上のイケメン消防士にフラれました。

 

30が近くなるにつれて、素直だった自分からどんどん かけ離れていく。

それがなんとなく嫌で、いつも恋愛となると飼い猫の真似をしていたんですが、珍しく昔飼っていた犬の真似をしてみると、

 

このザマや。

 

  

 

 

 

ック!!!人生で1番ミスってはいけないところで、なんというギャンブルをしたんだ、私。

 

大好きオーラをフルに出してデートを重ね、告白。で、惨敗。

 

ええ、分かってましたとも。男は犬より猫派という事を

今までは駆け引き命みたいな女だったのに何故か今回は、『素直に思いを伝えなさい』という指令が下っていたの。(俗に言う直感ってやつね)

 

だから会いたいって思えば『会いたい』って伝えて、好きって思えば『好き』って伝えて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、大好きな大好きなおじいさんが亡くなった。

 

思いを伝えんといけんかったの、こっちだったんかーーーい!

 

 

 

 

 

まあ、詳しいことは、また後日。

これから私の男の遍歴や新たな出会いを綴っていくよ。